保育士の転職時期はいつが有利なのか?何月にどんなタイミングで転職すべきか徹底解説!

保育士転職の基礎知識

職場の人間関係に傷つき、家にまで持ち帰る仕事に疲れ果て、安いお給料にガッカリして「やっぱり辞めよう」と決意されたあなた。

転職がうまく行くことを心から願っています!

せっかく決意されたのですから、転職を少しでも有利にするためにはどの時期がいいのかを一緒に考えましょう。

保育士の求人数が多い月

結論から言うと、保育士の求人数が最も多いのは1~3月です。

新年度からの体制を作りたい保育園、保育施設は、1月から募集し始めます。この時期は、さまざまな求人がありますから、選択肢が広がります。

その次に多いのは、7~9月!

1~3月に求人数のピークがありますが、その次に多いのが7~9月です。なぜだと思いますか?

  • 「7月のボーナスまでは我慢しよう」
  • 「ボーナスを貰ったらすぐに辞めよう」

という保育士の方が多いからです。採用する園の方でも、それを見越して、求人します。

求人数ピーク前に転職活動を始めよう

求人数がピークの時期から転職活動を始めても悪くはないですが、ピークになる少し前から転職活動を始めることをおすすめします。

保育士専門転職サイトに登録することから始めましょう。

転職サイトに登録すると、あなた専任のコンサルタントが付きますから「好条件の求人があればご連絡ください」と頼んでおくと、他の求職者より一歩先んじることができます。

事前に登録することで、履歴書や面接についてのアドバイスも得られます。高倍率の保育園への応募にきっと役立ちます。

保育士専門転職サイト大手、サイト名なら、内定辞退もあなたに代わって行ってくれます。

保育士転職に有利な年齢

一般企業に転職する場合、35歳が上限とよく言われています。保育士にも年齢の上限があるのでしょうか?

うれしいことに、保育士の場合、転職の年齢の上限というものは考える必要はありません。保育業界は、慢性的な人手不足が続いているからです。

しかし将来、園長などの管理職になりたいなら、早めの転職がオススメです。

幹部候補としては30~35歳ごろに、一般の保育士より一段上のスキルや経験を求められるからです。せめて30歳前後までには転職を完了させた方がいいでしょう。

転職活動は仕事をしながら

退職すると、即座に収入がなくなります。

自己都合での退職の場合、雇用保険もすぐにはもらえません。収入が途絶えた状態での求職活動は焦りが出てしまいますよね。

そのため、可能な限り仕事を続けながら転職活動をすることをオススメします。しかし、現実的には仕事が忙しすぎて転職活動までは手が回らないかもしれません。

転職エージェントのコンサルタントに事情を説明し、仕事をしながらでもできるように調整してもらうといいでしょう。

退職後に転職活動をするなら!?

退職後にしか転職活動ができない場合、無職の状態に備え貯蓄しておきましょう。

雇用保険がもらえる場合でも、支給開始は退職後の3か月半後なので、その間の分は確保しておきたいですね。

しかし退職後なら、面接などにも対応しやすいのも事実。転職は人より早く動き出すことが大切です!

求人には、2つの大きな山がありましたが、転職を決意したらグズグズしないで即準備に取り掛かりましょう。

最低限、転職サイトに登録を済ませましょう。求人情報をチェックしておくと、いい情報に出会う確率が高くなります。

あなたができなくても、コンサルタントに任せられることは任せましょう!

今すぐに転職を考えていなくても登録だけでもしておく事をオススメします。

保育士は昨今はどこも人手不足なので、喉から手が出るほど欲しいという園も多いです。なので転職サイトに登録しておけば、思わぬ好条件の仕事を紹介してもらえるかもしえません。

「今すぐの転職は考えてないけど、好条件の仕事があれば考える」という方も念のため登録しておくと良いです。

事前にコンサルタントに、あなたの理想の条件を伝えておけば、思わぬ好条件の求人に巡り合えて、ステップアップできるかもしれませんよ。

コメント