男性保育士は転職が難しいのか?男性だからこそアピールできるポイントまとめ!

保育士転職のコツ

最近は保育の現場で、生き生き働いている男性保育士の姿をよく見かけるようになりました。

しかし男性保育士は、全体に対する割合からすると、まだまだマイナーです。実際、女性が多い職場で苦労をされている男性保育士の方も多いです。

とはいえ、保育の現場では男性は貴重ですから、転職市場ではいい条件が示されることが多く、今の職場より好条件の転職も夢ではありません。

ところで男性保育士は年収は、どのぐらいなのでしょうか?

30歳の男性で勤続6年なら、平均月給は24.5万円。ボーナス込みで平均年収は360万円弱です。

ボーナスがあることで、他の職種と同じようにはなっていますが、月額24万円台というのは正直厳しいですよね。

実際、この数字には好条件の公立保育所の方も含まれていますから、民間の方はもう少し厳しいかもしれません。

転職すると平均年収、またはそれ以上を期待できるでしょうか。一緒に考えていきましょう。

男性保育士がキャリアを上げるには?

保育の現場は女性中心ですが、そこで小さくなっていては、転職しても代り映えはしません。

男性だからこそ、リーダーシップを発揮し、力量をアピールできます。転職の際の履歴書や面接で、このあたりのことを前面に押し出しましょう。

男性保育士として、アピールできるポイントを4つ紹介します。

①体力面を強くアピールしよう

男性保育士に求められているのは、男性ならではのダイナミック、力強さです。体力面での優位さをアピールすると良いです。

保育園では、運動会などのイベントでは男性ならではの仕事がたくさんあります。会場設営などで積極的に活躍できることを強調するといいでしょう。

②リーダーシップをアピールしよう

保育の現場は、まだまだ女性が圧倒的です。そこでは人間関係のトラブルも多く、どの園も対策に頭を悩ませています。

男性保育士が入ることによって、職場環境を変え、リーダーとして取りまとめていくことができれば、あなたへの期待は高まります。

今までの経験を通して、将来的に管理職として活躍したいという意欲をアピールするのがオススメです。

③保護者対応やクレーム処理で自信をつけよう

最近の保護者の方は、園への要望もしっかりしています。

男性保育士として、毅然と対応できれば、園としてあなたに期待するものは大きくなります。

応募書類、面接でしっかりアピールすることをお忘れなく。

④体育指導経験やパソコンスキル等があれば有利

保育現場で重宝がられる体育系資格には、幼児体育指導者、ジュニアスポーツ指導員などがあります。

パソコン、IT関連スキル、知識の他、経理系の簿記資格などを持っていると、女性保育士と差別化できます。将来的に管理職候補として一目置かれます。

他に、ピアノやギターが得意、英語が得意、絵やイラストが得意などをアピールすれば、さらに好印象です。

持っている資格、特技などは、遠慮せずどんどんアピールしましょう。

男性保育士を目指すなら保育士転職サイト使おう

保育士専門転職サイトは、転職支援サービスも同時に行っています。

登録すると、あなたの専任コンサルタントが、転職先との条件交渉などをあなたに代わって行ってくれます。給与面での交渉では、あなた自身がするより効果があります。

男性保育士の転職に強い保育士専門転職サイトを活用し、男性保育士であることの優位さをアピールし、さらにプロのコンサルタントの力を借りれば、大きく進展することでしょう。

コメント